iSRFセミナー

 『iSRFセミナー』では、企業の人材マネジメントに役立つ講演やパネルディスカッション、企業の担当者をお招きしたITスキル診断の活用事例等をお届けしています。
 人材戦略や情報交換にお役立てください。

開催内容

一覧・スケジュールに戻る

2021年 9月 22日(水)開催 Webセミナー 参加無料
本来のDXを推進するためにIT部門が今こそ取り組むべきこととは。
~ 業務プロセスの変革こそがDXの基盤であり第一歩である ~
主催:ITスキル研究フォーラム
※ このセミナーは終了いたしました

セミナー概要
タイトル

iSRFセミナー

本来のDXを推進するためにIT部門が今こそ取り組むべきこととは。
~ 業務プロセスの変革こそがDXの基盤であり第一歩である ~

開催日時

2021年 9月 22日(水)10:00~11:30 (開場 9:45)

2021年 9月 22日(水)10:00~11:30 (開場 9:45)

開催場所 Zoomでのオンラインセミナー

(※セミナーの開催前にご案内メールをお送りします)

主 催 特定非営利活動法人 ITスキル研究フォーラム(iSRF)
共 催 株式会社日経BPマーケティング
定 員 60名

※お申し込み後、事前アンケートにご回答いただいた方に、セミナー開催のご案内をお送りします

※教育事業社にお勤めの方、コンサルタントの方、スキルアセスメント提供事業者の方は、お断りすることがございます。あらかじめご了承ください

対 象 企業の経営層、経営企画部門、新事業開発部門、人事・人材育成ご担当者
参加特典

セミナー参加後、アンケートにお答えいただいた方に以下贈呈

(1)当日のセミナー投影資料

(2)「DX意識と行動調査」ワーキンググループ活動報告書

(3)DS-Multiroleトライアル受診用ID

参加費 無料
事務局/
お問合せ先
ITスキル研究フォーラム 事務局(日経BPマーケティング 教育研修営業部)
eメール:

主催者から皆様へ
 デジタル技術の進化や普及がもたらす影響は大きく、あらゆる企業はデジタル時代に適応するように自らを変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)を求められています。例えば投資に関する意思決定のあり方や従業員に関わる様々な制度、取引先との関係、製品・サービスの提供価値、オフィスのあり方、情報システムなど、すべてを“デジタル時代にふさわしいもの”に刷新する必要があるのです。

 ではいったい何から変革に着手すべきでしょうか。答えは業務プロセスにあります。現場の担当者に依存し、透明性がなく、従って生産性や効率性を高められないままの業務プロセスの変革こそがDXで実施する必要のある最初の一歩であり、そのほかの多くを変革するきっかけになるからです。そして、業務プロセス変革の根幹を担うのがIT部門です。大半の企業において業務プロセスを俯瞰して捉え、中立の立場で変革をリードできるのは、IT部門以外にないのです。

 今回のセミナーでは、企業のIT部門がどういう役割が求められているのか、国内外における事例そして役割を実現していくための人の多様性を見る診断の活用方法についてお伝えします。IT部門の管理職層、人材育成担当者必見のセミナーです。ぜひご参加ください。


プログラム
10:05
|
10:45

【基調講演】

デジタルによるビジネスの進化こそがDXの基盤

~ IT部門が取り組むべき業務プロセスの変革 ~

特定非営利活動法人ITスキル研究フォーラム

理事長

田口 潤 

[講演内容]

 デジタル技術の活用を前提にして、業務プロセスやビジネスを進化させることがDXの第一歩です。古く、無駄が多く、そのため市場の変化に迅速に追従できない業務プロセスをそのままにして、新製品・サービスを創出しても無意味であることは自明でしょう。言い換えれば、既存の在庫管理、生産管理、営業支援などビジネスの基盤を支えるシステムや枠組みをデジタルによって変革することが優先課題なのです。ですから企業のIT部門やIT子会社が果たすべき役割はきわめて重要です。
 デジタルによる業務プロセスの変革により成果を上げている国内外の企業の事例をもとに、今IT部門やIT子会社が求められている役割についてお伝えします。

10:45
|
11:15

【DS-Multirole【DX】活用講演】

DX推進に必要な一人ひとりの多様性

~ スキル診断「DS-Multirole【DX】」でわかる人の特性と可能性 ~

特定非営利活動法人ITスキル研究フォーラム

事務局長

森田 哲也 

[講演内容]

 これまでITSS(ITスキル標準)に基づくアセスメントでは、あるひとつの職種・役割におけるスキルや実績を見るのが役割でした。しかし、DX時代にあっては、新たな発想や新しい仕事のやり方ができるかどうかを見る必要があります。従って、これまで培ってきたスキルや経験だけでなく、経験の少ない役割や未経験の職種における潜在的な可能性を捉えることが必要です。
 スキル診断「DS-Multirole【DX】」は、ソフトウェア開発からAIプランナーまで14の役割におけるスキルとコアコンピテンシー(行動特性)を一度の診断で見ることができるので、適切な役割配分や人事異動、効果的な研修計画の策定に活用できます。さらに業務プロセスの変革を担う「プロセスアナリスト」と「プロセスマネージャー」としての適性度を見ることも可能となりました。
 スキル診断「DS-Multirole【DX】」と「ITSS-DS」など従来の診断との違いと活用方法についてお話します。

11:15
|
11:30

【事務局からのお知らせ/質疑応答】

日経BPマーケティング

※ 講演者や講演時間などプログラムは変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください

※ 当日お客様のシステム環境により視聴できない場合、録画などの代替え受講はできません。あらかじめご了承ください


一覧・スケジュールに戻る

過去のセミナーはこちら »