ワーキンググループ

DX実態調査 ワーキンググループ

 今、デジタル技術による企業の変革、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」が時代のキーワードとして叫ばれ、多くの企業がDXに取り組んでいるように見えます。しかし、ビッグデータやIoT/AIといった技術を生かして事業や製品・サービスを高度化する、いわゆる「デジタライゼーション」に留まっている例が多く見受けられます。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の本質は、デジタル技術を使って、企業の文化・風土を改革し、組織を変え、考え方をデジタル時代に適合するよう変えることです。 そして、ものづくりからサービスに至るまで様々な分野で急速に変化しつつある時代にあって、デジタルトランスフォーメーション(DX)はあらゆる業種の企業に突き付けられている喫緊の課題です。

 しかしながら、デジタルトランスフォーメーション(DX)が概念的なテーマであるため、その実態と課題は十分に明らかにされていません。そこで、ITスキル研究フォーラム(iSRF)では、毎年恒例の「全国スキル調査」とあわせて、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組み実態を明らかにするため、「DX実態調査」を経営層からITエンジニアまで幅広い層に対して実施いたします。

 調査結果は、「DX実態調査ワーキンググループ」にて分析して実態と課題を明らかにし、取り組みの方向性を企業に提起いたします。


活動履歴/スケジュール

年 月内 容
2019年 5月〜6月上旬DX実態調査用アンケート項目作成
2019年 6月上旬〜7月IT系団体、IT系媒体、企業などへへの告知協力依頼
2019年 6月中旬〜8月中旬「全国スキル調査」と「DX実態調査」を実施
2019年 9月上旬調査データ集計
2019年 9月〜11月上旬WGメンバーによる調査データの分析とリポート作成
2019年 11月中旬〜12月上旬Webサイト、雑誌などにリポート公開予定
2020年1〜2月WG活動報告書まとめ
2020年3月WG活動報告書公開

メンバー紹介

役 割氏 名 (敬称略)所属/役職
主 査高橋 範光チェンジ
副主査池田 拓史テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
メンバー神田 武丸紅
山之下 拓仁パーソルキャリア
永田 好範ITスキル研究フォーラム シニアコンサルタント
横地 晃司ITスキル研究フォーラム シニアコンサルタント