iSRFセミナー

 『iSRFセミナー』では、企業の人材マネジメントに役立つ講演やパネルディスカッション、企業の担当者をお招きしたITスキル診断の活用事例等をお届けしています。
 人材戦略や情報交換にお役立てください。

開催内容

iSRFセミナー
iSRFセミナー
※ このセミナーは終了いたしました

 これまでIT企業が構築や運用を担ってきた情報システムは、ほぼ例外なく既存の業務や事業のあり方を効率化したり、合理化したりすることを目的としています。会計・売管理、人事システム、電子メール、グループウェア。これらは紙を使いアナログで行なってきた記録をITに置き換えたものです。こうしたシステムを総称して、SoR(Systems of Record)と呼びます。

 これに対し、スマートフォンやクラウド、ビッグデータなど生かして、新しいサービスやビジネスが続々と生み出されています。最近では、民泊のAirbnbや配車サービスのUberのようなシェアリングのサービスがその例です。消費者によるモバイル機器の保有や大量のデータを瞬時に処理できるクラウドという仕組みの普及により可能になったサービスといえるでしょう。こうしたサービスを支えるシステムは、人やモノ、コトに強く関与するという特徴からSoE(Systems of Engagement)と呼ばれます。

 業務システム=SoRが今後も巨大なIT市場であり続けることは論を要しませんが、SoEがもう一つの巨大IT市場になることも明らかでしょう。このことはすなわち、情報サービス企業にとっては手慣れたSoRだけを手掛けるのではなく、SoE構築をも自らのサービスに取り込む必要性、必然性があることを意味します。

 ここで改めて問題になるのがIT人材の能力やスキルです。モバイルやクラウドを適材適所で使いこなせる人材。アジャイル開発やDevOpsを実践できるプログラミング能力に秀でた人材。データ分析能力に優れ、AIを使いこなせる人材。あるいは自ら試行錯誤し、成果を出せる人材・・・。どれ1つとっても十分な人材がいる企業は、皆無なのが実情なのではないでしょうか。

 そうした中で、IT企業や情報システム部門はIT人材の採用や育成、処遇についてどう考えるべきか。本セミナーは、この点にスポットを当て、参加者の皆様と情報共有させて頂くことを目的に企画しました。皆様のご参加をお待ちしております。

セミナー概要
開催日時

2016年 11月 1日(火)14:00〜16:00 (開場 13:30)

開催場所 アーバンネット神田カンファレンス [ » 地図 ]
会場へのアクセス
  • JR神田駅 西口より徒歩1分(JR山手線・京浜東北線・中央本線)
  • 東京メトロ神田駅 1番出口より徒歩2分(銀座線)
主 催 特定非営利活動法人 ITスキル研究フォーラム
共 催 株式会社アイ・ティ・イノベーション
株式会社日経BPマーケティング
対 象
  • ユーザー企業の情報システム部門で部門の人材育成を担当されている方
  • ITベンダーの人事部門、人材開発部門等でIT人材育成に携わる方
  • 現場の管理職の方

※ 教育研修事業者、コンサルタントの方のお申込みはお断りさせていただく場合があります。あらかじめご了承ください

参加費 無 料
事務局/
お問合せ先
ITスキル研究フォーラム 事務局:日経BPマーケティング
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー
eメール:

プログラム
14:00
|
14:50

【講演1】

「SoE(Systems of Engagement)」の実現に必要な人材育成

特定非営利活動法人 ITスキル研究フォーラム

理事長

田口 潤

[講演内容]

クラウド、ビッグデータ、IoT(Internet of Things)、AI(人工知能)といったキーワードを目にしない日はほとんどありません。IT企業、情報部門はこうした技術の案内役であり、先導役であるべきですが、それができるIT人材はいるのでしょうか、育成の戦略はあるのでしょうか?本講演では、こうした技術が生み出すトレンドや先進企業の事例を紹介しながら、デジタルビジネス時代に求められるIT人材について考えます。

14:50
|
15:40

【講演2】

「SoR」と「SoE」を繋げる人材育成プラン

株式会社アイ・ティ・イノベーション

HRコンサルティング部 部長

関 和美 氏

[講演内容]

アイ・ティ・イノベーションでは、IT人材育成の枠組みを作るためのお問い合わせやご相談を多くお受けしています。IT人材戦略を立案し、人材像を定義し、育成プランを立てる。頭ではわかっていても具体的な進め方がわからない――というお声をよくお聴きします。自社の人材で何を賄い、パートナー企業に何を求めるのかも決まっていない中で必要な人材像をどう考えればよいのか。また、SoE(Systems of Engagement)を実現するための人材についてはどのように考えればよいのか。IT人材育成の枠組みを作る上でのポイントをご説明します。

15:40
|
16:00

【ご案内】

  • DSシリーズのご紹介
  • アイ・ティ・イノベーション育成プログラムのご紹介

※ 講演者や講演時間などプログラムは変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。