全国スキル調査

 ITスキル研究フォーラム(iSRF)では、1年に1度(概ね夏季)Web上でスキル調査を実施しています。情報システムやソフトウェアの開発に携わる技術者、マネージャー、スタッフの皆さんのスキルの実態を把握し今後のIT業界に貢献する施策・サービスを提供していくとともに、参加者ご自身がスキル調査(診断)の結果から自分の強み/弱みを把握し今後のキャリアアップに役立てていただくことを目的としています。また、大学、研究機関などには、全国スキル調査の分析データを提供させていただきます(ただし、提供する診断データに個人情報は含みません)。詳しくは、事務局(E-mail: )までご相談ください。

全国スキル調査 バックナンバー   

2016年 スキル調査レポート

今年のスキル調査結果を含め、過去1年間のスキル診断結果を集計したレポートをダウンロードできます。

雑誌/メディアへの記事掲載 

本調査結果についての記事が『日経コンピュータ』誌 12月8日号(No.927)の38〜47ページに掲載されました。
エンジニア1万人のスキル、年収、キャリア志向、ストレス状況等についてのリポートがご覧になれます。

※ いずれもアクセスした時点での最新号の情報が表示されます。時期によっては上記に関する内容が表示されないことがあります


2016年 調査内容

※ 2016年の全国スキル調査は終了しました。次回の参加をお待ちしています。


調査名第15回 全国スキル調査 2016
開催期間2016年6月13日(月) 〜 8月14日(日)
内 容

スキル調査 (自分に合うものを選択)

ITエンジニア向け
ITサービスを提供する企業に所属し、情報システムやパッケージソフトの企画、開発、運用・保守に携わる皆さん(派遣先常駐も含む)の参加を想定しています。
組込みエンジニア向け
メーカーやIT企業に所属し、電器製品、自動車、産業機器などに組み込むソフトウェアやシステムの開発に携わる皆さん」の参加を想定しています。
ユーザー企業 情報システム部門エンジニア向け
メーカーやIT企業に所属し、電器製品、自動車、産業機器などに組み込むソフトウェアやシステムの開発に携わる皆さん」の参加を想定しています。
ユーザー企業情報システム部門,IT子会社
マルチロール対応
エンジニアの枠にとらわれず人材の発掘や強化、育成を行うために、一人ひとりがどのような能力・スキルを持っているかを把握するための調査です。IT戦略の立案から設計、マネジメント、プログラミングなど様々なスキルについて診断します。ユーザー企業の情報システム部門、IT子会社の皆さんの参加を想定しています。
マネジメント職種向け
企業等に所属し、総務、人事、企画、物流など管理系の職種に携わる皆さんの参加を想定しています。
データ利活用人材向け
データサイエティスト、データアナリスト、データエンジニアなどデータ利活用に係わる人材に関する実態調査です。

アンケート (必須) ※ スキル調査の中で表示されます

 エンジニアの意識や、今後の動向を知る目的で実施
  • 現在の仕事のやりがい
  • 今後どのようなキャリアを積みたいか
  • その他

その他の調査 (回答は任意) ※ スキル調査の中で表示されます(「マルチロール対応スキル調査」では提供されません)

ストレスチェック
心の健康状態がわかります。厚生労働省の基準に加え、ストレス耐性などのメンタルヘルスのチェックができます。
職場環境調査
職場の環境は、やる気や満足度に影響します。職場の環境を客観的にチェックできます。
パーソナリティ診断
自分の特徴/タイプが分かる診断
行動傾向チェック
様々なビジネスシーンにおける自分の行動特性から、人材タイプが分かる診断
論文チェック
昇格論文や資格試験の論文をコンピュータで自動解析。論文を書く上で大切な論旨展開、テーマ構成、論調などについて判定結果を出力

参 加無 料
調査サイト ※ 終了しました
主 催特定非営利活動法人 ITスキル研究フォーラム(iSRF)
協 力

※ 趣旨に賛同し、PR/広報について支援してくださる企業、団体