人材育成コラム

リレーコラム

2012/10/17 (第32回)

伝統工芸品 井川メンパ

ITスキル研究フォーラム 理事
NECソフト 技術統括部 統括マネージャー 兼)人事総務部 エグゼクティブエキスパート

福嶋 義弘

 「いいものを長く」−−車のCMで放映されたキャッチコピーである。

このCMに影響を受けたわけではないが、最近私は物を購入するときに、それを 意識している。特に鞄がそうで、ヌメ皮製品を好んでいる。ナチュラルで上質感 の高い風合、牛の傷やシワなどの自然な表情、素朴な革の匂い、温かな手触り…。 最も革らしい革といえる。またヌメ革は、廃棄されても土中で微生物などにより 自然に分解され、またその製造工程中に環境を汚染するような有害廃棄物をほと んど出さないと言われている。

 ヌメ革の鞄については伝えたいことがまだまだある。しかし、本日のテーマは 井川メンパ、鞄ではない。

 井川メンパを知っている方は少ないのではないだろうか。私も半年前にある旅 行番組で初めて知った。メンパとは弁当箱である。日本各地青森県のひばの曲物、 長野県の木曽ヒノキを使用したメンパ、秋田県の曲げわっぱ、三重県の尾鷲杉を 使用した尾鷲わっぱなどがある。

 井川は静岡県大井川の上流の山里で井川ダムのほとりにある。今日こそ伝統工 芸品として愛用されているが、江戸時代中期では山仕事に働く人達の弁当入れ、 水入れとして活用された日常品である。桧の薄板を丸く曲げ、重ねた所を桜の皮 で縫い合わせ、底板を漆で接着する。その後、柿渋を数回塗り、漆で仕上げる。 製造工程が難しく、桧物師などの職人によって技術が引き継がれたが、今では職 人も数名となかなか手に入りにくい逸品である。現に私は、注文してから手元に 届くまで6カ月がかかった。是非、伝統工芸を守るため若手職人を育成し後世へ 技術伝承してほしい。

 さて、なぜメンパを手に入れたかであるが、生活慣習病に悩む中年としてまず は食生活の改善をと思ったわけである。最近、男性が弁当を作る「弁当男子」が 増加していると言われている。私もその弁当男子を実践しようと、まずは形から と思いメンパの手作りの温かさと漆塗独特のつややかな肌ざわり、詰められたご 飯は冬温かく、夏は腐らず、プラスチックやアルミなどの弁当箱では味わえない ほのぼのとしたおいしさに惹かれたわけである。

 あとはどのようなお弁当を作るかである。それは自信がない。「いいもの」は 何とか努力すれば手に入る。「長く」は自分の努力と継続する思いや環境。実は これが難しい。

この記事へのご意見・ご感想や、筆者へのメッセージをお寄せください(こちら ⇒ 送信フォーム