人材育成コラム

リレーコラム

2011/04/15 (第14回)

ACジャパンはどんな組織

ITスキル研究フォーラム 理事
NECソフト 技術統括部 統括マネージャー 兼)人事総務部 エグゼクティブエキスパート

福嶋 義弘

 東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

  「こころ」はだれにも見えないけれど
  「こころづかい」は見える
  「思い」は見えないけれど
  「思いやりは」はだれにでも見える・・・。
              (全国キャンペーン“見える気持ちに“より)

 震災発生以降、民放テレビ・ラジオ各局が放送しているCMの一つである。こ のCMは、未曾有の大惨事となったことを受けて、多くの企業がCM放送を自粛 したため、代わりに社団法人ACジャパン(以降:ACと呼ぶ。英文:ADVE RTISING COUNCIL JAPAN)が放送しているものである。

 AC、聞きなれない組織であるが、旧(社)公共広告機構といえば、思い当た る人も多いと思う。設立は1971年、大阪万博の翌年で提唱者は当時のサント リー社長である佐治敬三氏だそうだ。米国のAC活動を参考に好景気に沸く日本 で「環境汚染」「公共マナーの悪化」「人間関係の希薄化」など社会のひずみに 光をあて、みんなで考えるきっかけを作りたい。そんな思いで「企業が少しずつ お金を出し合い、世の中のためになるメッセージを広告という形で発信しよう」 の呼びかけで実現した組織である。

 現在の理事長は、サントリーホールディングス株式会社社長の佐治信忠氏で、 約1200社の企業・団体の会費で運営され、300人近い方々がボランティア で参加して運営している。

 創立40年の組織であり、今回のコラムを書くに当たりACのHPを参照した。 思うことは、設立時の社会のひずみは現在も活きていることである。「環境汚染」 は「環境破壊」に変わるくらいで「公共マナーの悪化」「人間関係の希薄化」は 悪化していると感じる。この大震災の復興では国民が一丸となり、強い日本を取 り戻そうとしている。そのためには、この社会のひずみを少しでも改善する必要 があり、国民一人ひとりの行動を考えるよいCMであったと思う。

 最後に、今回のCMのなかに“あいさつの魔法”という、挨拶の励行を呼びか ける、低学年までを対象に歌とアニメーションで表現したものがある。

   こんにちは
   ありがとう
   こんばんは
   さようなら
   まほうのことばで
   たのしいなかまがポポポポ〜ン

 覚えやすいことで子供の中で、人気が出ているようである。挨拶に関しては、 子供だけではなく大人も励行したいものである。


この記事へのご意見・ご感想や、筆者へのメッセージをお寄せください(こちら ⇒ 送信フォーム